MENU

薄毛・ハゲになったらどうするか…?

薄毛・ハゲの原因が分かっていれば、それに正しく対応すれば改善します。
また、脱毛を予防することも大切です。細毛対策だけでなく、抜け毛を減らすことも同時に行いましょう。

 

薄毛には、「髪が細くなるタイプ」と「髪の毛の本数、そのものが減ってしまうタイプ」の2通りあるからです。

 

特にの効果が期待できる細毛のタイプには、次のタイプがあります。

  • 男性に多い「男性型脱毛症(AGA)」
  • 女性に多い「びんまん性脱毛症」
  • 円形脱毛症
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症

育毛剤の働きと効果

毛乳頭細胞は、毛母細胞に栄養を送り、発毛指令を出す重要な働きをしています。
その毛乳頭細胞には、血液を通して、栄養が送られているのです。

 

そのため、育毛剤を選ぶ基準として、
血管拡張作用を持つ促進成分によって血流を改善して、毛乳頭に送る栄養素の量を増やしてやれば、抜け毛予防や細毛改善につながるのです。

 

育毛剤のメーカーは多数ありますが、「血行促進」「細胞の活性化」「頭皮の殺菌」作用に働く成分を使用しています。
メーカーにより独自の組み合わせや、使用する成分に違いを持たせています。

 

育毛剤の特徴を良く吟味して、自分に合った育毛剤を選択しましょう。

 

当サイトがお薦めする育毛剤は、「特徴ある成分・効果」があり、「浸透力」の高いものを紹介しているので、どの育毛剤を使用しても効果が期待できるでしょう。

 

一つだけ、注意する点を上げれば、
どの育毛剤を選んでも、「最低。半年は使用して下さい」ということです。

 

育毛・発毛には、時間がかかります。

 

「半年」の根拠としては、

 

髪の毛は、1ヶ月に平均1cmの伸びます。
育毛剤を使用し始めて、すぐに効いても、半年で6cmです。
4ヶ月目から、育毛剤の効果が出始めます。

 

半年後に3cm伸びていれば、『発毛を実感』出来るでしょう。

育毛剤の効果的な使い方<5つのポイント>

脱毛予防(抜け毛予防)に使用すると効果的

 

将来的に薄毛になるのが心配な方が使用すると、より効果が得られます。
脱毛予防には、育毛剤は最適と言えるでしょう。また、現在の脱毛を減らす効果も期待出来ます。

 

入浴後に使用するのが良い

 

入浴により、血管が拡張して血流が良くなっている状態で使用すると、より効果的です。
シャンプーした場合には、乾かしてから使用しましょう。濡れた状態だと、髪の毛に育毛剤が引っ張られて、頭皮に必要量が塗布できなくなります。

 

塗布した後は、頭皮をマッサージする

 

マッサージにより、副交感神経の働きを活発にさせます。さらに、血行を促進して毛根栄養を供給してくれます。

 

朝も使用する

 

髪の毛の成長を促す成長ホルモンは深夜に一番分泌されています。
そのため、夜に使用するのが一番効果のある育毛剤の使用方法ですが、朝の緊張していない頭皮の状態での使用することも効果的です。

 

継続する

 

育毛剤に即効性はありません。
諦めずに使用することが、結局は「発毛を実感する」近道です。
最低6か月は使い続けることが重要ですよ。