MENU

ヘアサイクルを改善@毛周期の成長期を伸ばす

薄毛(AGA)・抜け毛を改善する上で「ヘアサイクル」は知っておかなければならない知識です。
薄毛(AGA)・抜け毛の原因を正しく知り、正しく対処することが出来れば改善するが可能となります。

 

 

そこで髪の毛1本にスポットを当てて説明していきますね。

 

髪の毛は、ずっと伸び続けるわけではありません。

 

@新生毛が生えて、成長して太い毛になります。(成長期)  

 

A数年成長し続けて、次第に細く抜けやすい状態になり抜け落ちます。(退行期)

 

そして、

 

Bまた同じ毛穴から新しい髪の毛が生えるのです。(休止期)

 

これを「ヘアサイクル」といいます。
ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に分かれます。

 

 

成長期

髪の毛が生え始めてから、成長が止まるまでの期間を言います。通常5〜7年くらいです。
髪の毛全体の85〜90%くらいが、この成長期にある髪の毛です。


主な細毛は、この「成長期」が短くなることで、成長期にある髪の毛が50〜60%くらいになると地肌が目立ち細毛と言われる状態になります。


具体的には、成長期とは「毛根で毛母細胞が細胞分裂をしている状態」のことです。

退行期

成長期から休止期に移行する過程の一定時期の約2週間くらいを退行期を呼びます。
髪の毛全体の約1%が退行期にあります。

休止期

退行期を経て、毛根が退化して髪の毛が抜け落ちるまでの期間を言います。約3ヶ月の休止期の後、再び新生毛として髪の毛が生えてきます。
髪の毛全体の10〜15%が休止期にあります。

 

成長期が短くなることが薄毛・抜け毛の症状です

 


この成長期が短くなったのを改善できれば薄毛(AGA)、抜け毛対策としは最高です!

 

薄毛・抜け毛の原因@主な4つの原因

@血行不良

毛乳頭につながる毛細血管を通じて栄養を送るのですが、血流が悪くなると栄養不足となり、髪の毛の成長が妨げられて、髪の毛は抜けやすくなります。

A男性ホルモン

遺伝的に男性ホルモンの感受性が高い人がいます。男性ホルモンの影響で毛乳頭の成長が妨げられることが分かっています。男性ホルモン自体は、誰もが持っているのでしが、男性ホルモンの影響を受けやすい体質の人がいます。

B脂漏性脱毛

毛穴にある皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されれると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症を起たらいします。そのことが髪の毛の成長を阻害します。
また、皮脂に含まれる還元酵素(5αリダクターゼ)が男性ホルモンのテステステロンと反応して、より強力な男性ホルモンDHTへと変化します。このDHTが毛乳頭の成長を阻害することも分かっています。

Cストレス

精神的ストレスが蓄積すると頭皮の毛細血管が萎縮して、血流が悪くなります。この結果、毛乳頭に栄養が届かなくなり、細胞分裂活動の低下を招き髪の毛の成長が阻害されます。

抜け毛をストップし、薄毛は改善するためには・・・・・

 

 

毛乳頭の働きを活発にさせることが大切!

 

 

 

これらの原因で毛母細胞の細胞分裂の働きが弱まっているのです。
この細胞分裂を清浄に戻すことが出来れば、細毛も改善するでしょう。
毛母細胞の細胞分裂を促すことができれば、髪の毛を成長させることが出来ます。

 

では、どんな成分が毛母細胞を活性化するのでしょうか?

 

M-034エキス、バイオポリリン酸が考えられますね。
他には、ビワ葉エキス、センブリエキス、牡丹エキスなどを配合してある育毛剤を使用することがお薦めです。

 

中でも、育毛剤チャップアップには『M-034エキス』『ビワ葉エキス』『センブリエキス』が『牡丹エキス』が含まれています。
『バイオポリリン酸』だ含まれていませんが、これだけの発毛成分を一つの育毛剤で使用できるメリットは計り知れませんね。

 

また、育毛剤を使用する前にシャンプーをして頭皮を清潔に保つことが大切です。
髪の毛が成長するには、頭皮環境も影響するからなんですね。

 

複数の発毛成分を含んだチャップアップは公式サイトで購入すると全額返金保証が付きますよ。
詳細は公式サイトへ>>