MENU

無添加育毛剤のススメ

育毛剤を選ぶときにチェックしたいポイントのひとつが無添加であるかどうかですね。

 

 

パラベンや酸化防止剤など化粧品では一般的な成分が入っている育毛剤は多いですが、余分な成分が入っていると頭皮に必要以上の刺激を与えてしまい、育毛効果としてはマイナス要因なんですよね。

 

 

また、育毛剤は長期にわたり使うものなので、添加物のせいですぐに悪影響が出なくても、数週間、数か月と使っていくうちにかゆみや発疹などのトラブルが発生することもあるので注意が必要なんです。
頭皮は顔の肌と同じだということを意識して、顔用の基礎化粧品を選ぶときと同じくらい慎重に選ぶように心がけましょうね。

 

 

最近では、男性向け育毛剤・女性向け育毛剤を問わず、無添加の育毛剤が多く発売されています。
とくに女性は出産後のホルモンバランスの乱れや更年期を経て頭皮が敏感になるので、添加物の入っていない商品を選ぶことが望ましいです。

 

 

注意したいのが「無添加」の意味です。

 

 

「無添加」という表記があるだけで安心してしまいがちですが、じつは無添加の表示があっても化学成分が入っている場合があるんですよ。

 

たとえば香料と着色料が入っていないけれど化学薬品が入っているという場合があります。
化粧品の無添加表示にあたっては「何を添加していないのか」を明示する義務があり、前述の例では「香料・着色料無添加」と表示されています。

 

無添加の表示にだけに気を取られず、よく見ることが大事です。
化粧品においては全成分を表示するよう薬事法に定めがあるので、外箱などを見ればどんな成分が入っているか確認できます。

 

中には悪徳業者があり、どんな成分を添加していないのかを表記していなかったり、成分表示が非常に小さい文字でわかりにくかったりすることがありますので気をつけて下さい。買う前に必ず確認して、本当に安全な育毛剤を選びましょう。