MENU

短い毛が抜ける原因と対策と言えば・・・・・

短い毛が抜けるのは心配ですよね?

 

髪の毛は1日に50〜100本は抜けると言われています。でも、短い毛が抜けるのは危険信号なんですよね。

 

知っていましたか?「髪の毛は、「男性で平均4〜5年」「女性は平均7〜8年」成長し続けるってこと。ということは、髪の毛をカットしなければ「男性は5〜60p」「女性8〜90p」になるんですよ。

 

それなのに2〜3pの短い毛が抜けるってことは、“成長力がない”ってことなんです!だって、5〜60pに成長するはずの髪の毛が2〜3pで抜けるんですよ。これは、早く対策を練らないとハゲへの道をまっしぐらです!

 

では、どうすれば良いのか?

 

管理人である「発毛応援団長」がお薦めするのは育毛剤なんです!
「えっ!?育毛剤かよ〜」と言う声が聞こえてきそうですね(笑)

 

でも、育毛剤なんですね。但し!育毛剤なら何でも良いのかと言えば違います。毛母細胞を活性化する効果を持つ育毛剤なんですよね。

 

というのも、髪の毛が成長せずに短い毛の状態で抜けるというのは、「毛母細胞が細胞分裂する力がない」からなんですね。毛母細胞の細胞分裂により髪の毛は下から押し上げられるようにして伸びています。

 

つまり、短い毛が抜ける」⇒「毛母細胞が細部分裂していない」ということなんですね。こうなると血行促進効果だけの育毛剤では物足りませんね。直接、毛母細胞を刺激する効果がなければなりません。

毛母細胞を刺激する育毛剤がお薦め

直接、毛母細胞を刺激する育毛剤ならどうでしょうか?
毛母細胞が活性化したらどうなるのか?

 

短い毛が抜けるのが止まりますよね。
そして、4〜5年の成長期を取り戻すことが出来るのです。

 

「将来、ハゲるかも・・・?」
という、あなたの不安もなくなりますよね。

 

短い毛が抜けるのは危険信号です。
早めの対処が大切なんです。
毛乳頭に直接作用する育毛剤で、しっかりと対処しましょうね。