MENU

男性用と女性用育毛剤では副作用も違う?

近年では男性女性を問わずに、薄毛を改善するために育毛剤を活用する人が増加していますが、そうした中で注目を集めているのが女性用育毛剤ですね。

 

育毛剤と一言で言っても、女性と男性では配合されている成分が異なるとされています。
そのため、男性用育毛剤と女性用育毛剤の効果は当然ですが、その育毛剤を活用して起こりうる副作用も異なるんですうよ。

 

女性用育毛剤は男性用育毛剤のように、血圧を拡張させて頭皮の血流を増加させるミノキシジルと言う物質を入れているものがないため、このミノキシジル由来の副作用である低血圧や多毛症などが起こりません。

 

これは、男性と女性の薄毛のメカニズムが異なることから、処方される成分も異なることから由来しています。

 

女性の場合、男性とは異なり、そのホルモンバランスの変化により脱毛が進むとされています。
そのため、そうした女性特有のホルモンバランスを整えるものがよいとされています。

 

女性用育毛剤の副作用を考えた場合、基本的に、医療用育毛剤は使用する人によって副作用の現れに幅があるとされています。
つまり、そうした育毛剤が頭皮に合わない人は、より副作用が出やすいものとなっています。

 

一方で、こうした作用がほとんど出ない人がいるのも事実です。
そのため、仮に女性用育毛剤を使用して、副作用が出てしまった場合は、医者や薬剤師に相談して、その育毛剤を使用し続けてよいのかやその他の育毛剤で何がよいのかをちゃんと聞き取ることが大切です。

 

そうすることで、次に使用する育毛剤が使用する人にとって問題がないかどうか判断することが可能になりますし、安心してその女性用育毛剤を使用することが出来ます。自然由来成分配合の育毛剤が副作用が少ないとされています。