MENU

男性の脱毛症の約7割が男性型脱毛症!?

男性の脱毛症の約7割が男性型脱毛症であると言われています。

 

この男性型脱毛症を改善していくための方法は、育毛サロンなど様々言われていますが、最近では効果の高い育毛剤が数多くあるので、最も手短に効果を期待できるものの一つであると言えます。

 

ただ、育毛剤の種類は多くて、どの育毛剤を使用すれば良いのか分かりづらいですね。

 

選び方のポイントを紹介しますが、どの育毛剤を使用するにしろ、最低6ヶ月は使用し続けてほしいのです。

 

というのは、育毛剤の効果が出るのには時間がかかるのです。

 

髪の毛は『1ヶ月に1cm伸びる』と言われていますが、育毛剤を使用して、すぐに効き初めても「3ヶ月で3cm」です。

 

実際には、『頭皮環境が変わるのに3ヶ月、それから効果が出るのに3ヶ月』と言われています。

 

最低6ヶ月は使用して欲しい理由ですね。

無添加育毛剤のススメ

育毛剤の選ぶ基準として“無添加”の育毛剤を選ぶというのは大切なポイントです。

 

これは、育毛剤に限らず化粧品関係の商品なら、どれにも当てはまることです。
人間の肌は、かなり敏感にできています。そこに刺激のある成分を塗ってしまうと「痒み・腫れ・痛み・荒れ」などの症状を引き起こす可能性もあります。

 

こうした化粧品の添加物には、防腐剤・石油由来成分・合成香料・合成着色料・鉱物油・酸化防止剤などを初め、色々なものがあります。これらが刺激となって肌に症状が出てくるので、無添加であることが望しいのです。

男性型脱毛症に効果のある育毛剤とは・・・・・

男性型脱毛症の方が育毛剤を選ぶ時に気をつけるポイントは、「男性ホルモンを抑制するタイプ」か「毛母細胞を活性化するタイプ」のいずれかを選択することです。

 

男性ホルモンを抑制するタイプ

 

「男性ホルモンを抑制するタイプ」の育毛剤は、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの働きを抑えるもので、脱毛の原因となる悪玉男性ホルモンのDHTを生成させないようにするもので、髪の毛が抜けるのを防ぎ、髪が成長しやすい環境を整える効果を期待できます。

 

やはり、頭皮ケアをするのならば、効果を期待できなければ継続する気持ちが萎えなすよね?
脱毛症の原因を元から抑えることが出来るというのは、かなりポイント高いことだと言えますね。

 

毛母細胞を抑制するタイプ

 

「毛母細胞を活性化するタイプ」の育毛剤は、髪の毛を作り出す源となる毛母細胞の細胞分裂が弱まっている場合に使用すると効果的です。
毛母細胞は、男性ホルモンにより細胞分裂の力が弱まり、細胞分裂のスピードが落ちることで髪の成長がゆっくりになるのです。
この毛母細胞の働きを直接高めることができる成分が配合されているので、かなり高い効果を実感できるでしょう。